スプリント

パフォーマンスとは

スポーツ動作では力よりスピードが重要 筋肉には「静的特性」と「動的特性」があります。 これは力発揮の仕組みを理解するため、またデータを集めるためには便利な指標なので、研究の分野ではよく利用されてきました。 しかし、実際の運動においては、静止したまま大きな力を発揮するという場面はあまりありません。 スポーツ動作の質や強さを考える場合、どれだけ力を発揮できるかというよりも、どれだけスピードを出せるかということのほうがはるかに大きな問題となります。
スプリント

股関節のヒップロックエクササイズとは

スプリンターに特に必要な能力としてヒップロックがあります。 支持脚で片側立位時に同側の腸骨稜が上がる現象はトレンデンブルグと言われ、臀筋群がうまく使えていない典型的な特徴として有名ですが、実は速く走るにはこの現象にならないだけでなく、逆の反応が起こらないといけないと言われています。 少し表現は大げさですがヒップロックはパフォーマンスを高めるためには絶対的に必須の能力なためぜひご覧ください。
スプリント

大臀筋を活用した加速及び着地トレー二ング

歩行動作時には大臀筋はかかと接地時に主に活動しますがそこから股関節を伸展させていく過程で減少していきます。 しかしながらまずは股関節屈曲時に大臀筋の活性が感じることができなければ走行、歩行、また高齢者の立ち上がり動作などもスムーズにいかなくなります。 今回はそんな大臀筋を活用した筋活動からの活用トレーニングを紹介します。
サッカー

サッカー(ドリブル・シュート)

ストイコビッチが名古屋グランパスエイトで日本人選手に対し 『なぜパスをするたびに毎回止まってしまうのか。それでは相手にパスが読まれてしまうだけでなく、次の動き出しも遅れ、試合の流れが止まってしまう』と指摘したことがあるというのは有名な話ですが これは日本人選手のキックが海外の選手と異なることを意味する。 日本人はキックの際、一連の動作で立ち足に重心をかけ続けているから次の動作が遅れる。 重心を蹴り足と同じように前方へと移動させたら次の動作へスムーズに移行できる。