TAG 重力

バイオメカニクス

重力とは~運動への活かし方~

スポーツに限らず人間が生活するうえで、基本となる姿勢は立位です。そして、立位の姿勢から歩いたり走ったり、ものを運んだり、障害物を飛び越えるためにジャンプをしたりという動作に発展されていきます。 このような何気ない日常動作や、サッカーや野球などのスポーツ動作の中で、常に体に加わる力が存在します。それが『重力』です。人間は、地球で生活をするかぎり、常に重力に抵抗して動作を行っているのです。ということは、スポーツに限らず、日常動作の機能を向上させるには、重力に対して耐えられる体を作らなければならないのです。つまり、動作の機能を向上するためのファンクショナルトレーニングは重力に耐える体を作るトレーニングであるべきなのです。 例えば、仰向けでのクランチ動作は腹筋に対してとても厳しいトレーニングですが、腹筋の本来の機能(立位での体幹の固定)を考えれば機能的とはいえません。目的が機能の向上にあり、重力に対して抵抗を与えるならば、腹筋のトレーニングはうつ伏せにて体幹の固定に抵抗を加えるようなものを行なうべきです。