TAG ニーイン

スプリント

ニーインに対する考え方とその対処法

不良アライメントの代名詞とも言われるニーイン(knee-in)現象ですが、ACL損傷のリスクや鷲足炎等多くのスポーツ外傷・障害の要因として長くスポーツリハでは語られてきました。 参考書等では多くの有効なトレーニングや視点・思考が述べられていますが、どう改善するのか 今回はそんな改善方法をトレーニングやリリース面から紹介します。
スプリント

スクワットニーイン対処法①

脚を曲げた時にどうしても膝が内側に入ってしまう…俗に "ニーイン" と呼ばれる状態です。 この状態をスポーツ動作の中だけで改善する事はほぼほぼ不可能です。 この状態を治そうと膝を無理やり外に向けて動作をする事は、膝や足底筋の痛みを招く可能性があります。 また極端なニーインが起きていなくても “扁平足“ や ”足裏・膝の痛み“ もこの “ニ
スプリント

膝の痛み&ニーインの改善

膝関節の屈曲に作用する筋肉にはハムストリングや腓腹筋、膝窩筋などがありますが、ハムストリングと腓腹筋は二関節筋(関節を2つまたぐ筋肉のこと)ですが、膝窩筋は単関節筋です。 ハムストリングや腓腹筋の柔軟性が衰えると常に膝関節が伸びきらす、いつも屈曲状態にあるので疲労が溜まりやすい場所としても知られています。(膝窩痛) 膝窩筋は膝の後方外側部の安定性を守るために不可欠な筋肉です。