TAG トレーニング

投球

ピッチング動作を意識したトレーニング実践

近年、球界では球速のインフレが加速している。 MLBでは170km/hに迫る投球がたびたび記録され、日本でも大谷翔平投手が2016年のCSで165km/hを記録し、日本中の度肝を抜いた。 速球の質を測る新たな指標として「回転数」が注目を浴び始めるなど、「スピードボール」をめぐる評価は新たな局面に入ったともいえるが、球速が好投手の素質のひとつであることは、今後も揺るがないだろう。 今回の記事では投球動作の 「ステップアップ」→「重心移動」→「前足の踏込み」