TAG スプリンター

スプリント

スプリンターのための骨格矯正~上半身編~

世界では、トップの選手達が続々と9秒台を記録し続ける男子100m走。だが日本には、10秒の壁を破る選手は今も現れない。さらには、世界の選手達が大型化する一方、日本人スプリンターは小型化。今や、世界の潮流から取り残されつつある。これからの日本人スプリンターは、どうあるべきなのか。 「世界最速の男」といえば、ジャマイカのウサイン・ボルト選手。北京、ロンドンとオリンピック2大会で100m、200mの二冠を達成。人類史上、最も速いスプリンターが彼であることに、異論を唱える者はいないだろう。続く2位がアメリカのタイソン・ゲイ選手と、ボルトと同じジャマイカのヨハン・ブレーク選手。そして4位がジャマイカのアサファ・パウエル選手、5位がネスター・カーター選手である。