TAG コア

バッティング

呼吸をパフォーマンスへ活かす~極み~

腹圧とは正確には腹腔内圧のことです。英語表記だとIntra-abdominal Pressureなので頭文字を取って「IAP」とも言われます。 人間のお腹の中は内臓を収納する空間があり、この空間を腹腔といいます。その腹腔にかかる圧力の事を腹腔内圧(腹圧・IAP)と呼びます。 腹腔は上部を横隔膜、下部は骨盤底筋、後ろは多裂筋郡、横から前にかけて腹横筋という具合に、筋肉に覆われています。この筋肉を同時に使うことで腹腔の圧力が高まり、体幹部の安定感を引き出しています。
サッカー

コンタクトスポーツほかすべての競技に必要な”呼吸”を極める

”呼吸” はすべての競技に必要な動作なわけですが コアコントロールができなければ コンタクトスポーツの接触時はもちろんのこと、バッティングのインパクトの瞬間やサッカーでボールを蹴る瞬間など 呼吸をはじめとしたコアの安定性は必要不可欠です 今回はそんな”呼吸”についてお話していきます