コアアクチベートトレーニング~実践編~

コアトレーニングとは身体のコア(核)となる脊柱(体幹)に近い部分から意識的、優先的に鍛えるトレーニング様式。
インナー・マッスル・トレーニングともいう。

体幹筋にあたる腹横筋、多裂筋、横隔膜、骨盤底筋などを集中的に鍛えることによって身体バランス、「動き」を改善する。
コアトレーニングのイメージとして「フルカン」「リング」「ニュートラルスパイン」などが使われる。

体幹部を鍛えることで、多くの競技に通じる、汎用性に富んだ能力向上を図る。
筋肉は本来、体幹に近い物ほど大きく高出力に出来ているため運動能力への寄与も大きい。

逆に末端部を優先して鍛えるとコアの働きを阻害し柔軟性が失われるため「動き」が悪化する上、故障に繋がるといわれ、最近は敬遠されることが多い。

トレーニングにはバランスボールが用いられることもある。



<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●筋・骨の基礎知識

●三角筋理想のトレーニング方法

●肩関節のインピンジメント解消方法

●産後腰痛の改善方法

●股関節疼痛改善の考察とアプローチ

 

ー栄養ー

●骨粗しょう症への栄養指導

●マグネシウムについて

●セロトニンの分泌方法

●牛乳の真実

●ファスティングの科学

 

ーアスリートー

●つま先着地で歩行は可能か

●高齢者への運動指導方法

●あらゆる疼痛の改善

●骨盤を前傾する骨格矯正

●デッドリフトをバイオメカニクスで解説

 

ーセミナー&テキストー

●トレーニングについて極めるセミナー

●肩関節の疼痛改善セミナー

●アライメントチェック方法セミナー

●呼吸を極めるセミナー

●月経周期に合わせた減量セミナー

 

 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン