TAG ニュートン

スプリント

ニュートンの運動法則を活かす~床反力編~

力学とは物体の運動を研究する学問であり、その歴史は古い。 アイザック・ニュートンは、約300年前に運動の法則を数学的理論に基づいて示した。 現代でも、ニュートンが示した運動の3法則は力学を学ぶ上で最も基礎的な方程式として有名である。 ここでは、ニュートンの運動の3法則について簡単に説明していく。 第3法則:作用・反作用の法則 作用・反作用の法則は想像することが難しいかもしれない。 コンクリートの壁を強く押しても、自分は壁にめり込むことはない。 この時、壁も自分も静止している。つまり、押す力と壁が人間を押し返す力が釣り合っているのである。 この押す力を作用、押し返す力を反作用と呼び。これらの力が釣り合う法則を作用・反作用の法則と言う。 ちなみに作用と反作用の力の大きさは同じで、向きは反対になるのである。
バイオメカニクス

ニュートンの運動方式とは

物体の運動の様子を決める基本法則。普通はニュートンの運動の法則をいい,次の3法則にまとめられている。 第一法則 (慣性の法則 ) では,力を受けない物体は静止または等速度運動をするとし,第二法則 (ニュートンの運動方程式 ) では,物体に力が働くと,力の向きに,力の大きさに比例した速度の変化 (加速度) を生じるとし,第三法則 (作用反作用の法則 ) では,2つの物体が互いに及ぼし合う作用と反作用は,大きさが等しく,逆向きで,2物体を結ぶ方向に働く,としている。