呼吸について②理想的な呼吸の量~自律神経と過呼吸

肺は、酸素と二酸化炭素の濃度を調節しています。

代謝活動で産生された酸が体内に蓄積すると、血液のpHが酸性に傾きます。
すると、身体が酸性に傾いた血液のpHを一定の範囲に保とうとして酸を排泄します。
この経路の一つが、呼気による肺からの二酸化炭素(CO2)の排泄です。

二酸化炭素(CO2)は、主に炭水化物や脂肪の燃焼によって生成されます。
そして二酸化炭素(CO2)は、血液中に排出され、H+とHCO3-に電離した形で肺に運ばれ、
肺胞に拡散し、呼気によって取り入れた酸素と交換されます。
酸素は血液中に、二酸化炭素(CO2)は呼気として体外に放出されます。
この肺胞レベルで行われるガス交換を「外呼吸」といい、
細胞レベルでのガス交換を「内呼吸」といいます。



<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●筋・骨の基礎知識

●三角筋理想のトレーニング方法

●肩関節のインピンジメント解消方法

●産後腰痛の改善方法

●股関節疼痛改善の考察とアプローチ

 

ー栄養ー

●骨粗しょう症への栄養指導

●マグネシウムについて

●セロトニンの分泌方法

●牛乳の真実

●ファスティングの科学

 

ーアスリートー

●つま先着地で歩行は可能か

●高齢者への運動指導方法

●あらゆる疼痛の改善

●骨盤を前傾する骨格矯正

●デッドリフトをバイオメカニクスで解説

 

ーセミナー&テキストー

●トレーニングについて極めるセミナー

●肩関節の疼痛改善セミナー

●アライメントチェック方法セミナー

●呼吸を極めるセミナー

●月経周期に合わせた減量セミナー

 

 

 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン