PMRF(橋延髄網様体形成)について

まず、脳からのアウトプットは基本的に
右の脳から出た信号は左側へ
左の脳から出た信号は右側へ
というように、対側へ影響を与えます。

しかし、PMRFは大脳皮質〜脊髄の間にあり、同側に影響を与えるシステムです

・同側の痛みを抑制する
・同側の交感神経を抑制する
・Th6以上の前方筋群とTh6以下の後方筋群の抑制

PMRFを活性状態にするには
同側の大脳皮質、対側の小脳・前庭を活性させることが必要だと言われています。

逆にPMRF機能不全が起こっている場合どうなるのか?

・同側の交感神経が過活動になる
・同側体温低下
・同側の痛み
・同側の筋緊張をコントロールできなくなる
・同側の姿勢コントロールができなくなる
・同側の血圧が上がる
・同側に汗をかく

などなど



<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●筋・骨の基礎知識

●三角筋理想のトレーニング方法

●肩関節のインピンジメント解消方法

●産後腰痛の改善方法

●股関節疼痛改善の考察とアプローチ

 

ー栄養ー

●骨粗しょう症への栄養指導

●マグネシウムについて

●セロトニンの分泌方法

●牛乳の真実

●ファスティングの科学

 

ーアスリートー

●つま先着地で歩行は可能か

●高齢者への運動指導方法

●あらゆる疼痛の改善

●骨盤を前傾する骨格矯正

●デッドリフトをバイオメカニクスで解説

 

ーセミナー&テキストー

●トレーニングについて極めるセミナー

●肩関節の疼痛改善セミナー

●アライメントチェック方法セミナー

●呼吸を極めるセミナー

●月経周期に合わせた減量セミナー

 

 

 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン