インプットとアウトプット

広義に使われることの多いこの言葉ですが、ビジネス的観点での「インプット」は「仕事を通して得た知識や経験」などのことを言います。これは学習などでも同じ使い方をすると思います。そこから得たもののことをインプットと呼びます。仕事では様々な知識が必要になる場面が多いはずです。そうした場面で必要となる情報を知識として吸収する、こうした活動のことをインプットと呼びます。

インプットが「入力」であれば、アウトプットは「出力」です。インプットで得たものを出すこと、ビジネスにおいては「成果・実績」を意味します。インプットで得た情報や知識もとに行動、その結果として出るものが成果や実績となるわけです。

アウトプットと聞くと「人に教えること」などのように捉えている人がいますが、ビジネスキーワードとしてのアウトプットは成果や実績のことを意味します。インプットしたものを元にした結果がアウトプットというわけです。インプットの質が高ければ当然アウトプットの質も高くなります。

ではこれを運動指導に落とし込むといったいどのようなことが言えるでしょうか



<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●筋・骨の基礎知識

●三角筋理想のトレーニング方法

●肩関節のインピンジメント解消方法

●産後腰痛の改善方法

●股関節疼痛改善の考察とアプローチ

 

ー栄養ー

●骨粗しょう症への栄養指導

●マグネシウムについて

●セロトニンの分泌方法

●牛乳の真実

●ファスティングの科学

 

ーアスリートー

●つま先着地で歩行は可能か

●高齢者への運動指導方法

●あらゆる疼痛の改善

●骨盤を前傾する骨格矯正

●デッドリフトをバイオメカニクスで解説

 

ーセミナー&テキストー

●トレーニングについて極めるセミナー

●肩関節の疼痛改善セミナー

●アライメントチェック方法セミナー

●呼吸を極めるセミナー

●月経周期に合わせた減量セミナー

 

 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン