ピッチングコッキング期における疼痛の理解と改善

野球肩が起こる理由と実際に引き起こされる障害を、投球フォームを例にしてお話しします。
投球フォームを投手のピッチングを例に見てみると、以下の5つのフェーズ(投球相)に分けることができます。

 

1.ワインドアップ期


ボールを持った手がグラブの中に収められたまま踏み出し脚を上げていく段階です。
このフェーズでは肩に障害が出ることはありません。

2.アーリーコッキング期


ボールを持った手がグラブから離れて投球動作に入り、踏み出し脚が着地するまでの段階です。
腰の開きが早すぎたり、投球側の腕が後ろに引かれすぎると、肩の前方に大きな力がかかり、障害の原因になります。

3.レイトコッキング期


踏み出し脚が着地してから、投球する方の肩が最大外旋(胸を大きく張った位置)するまでの段階です。
肩の前方に大きな力がかかり、繰り返しの投球で肩の前方への緩みが生じ、 肩関節唇損傷や肩前方不安定症の原因となります。また、肩の緩みをおさえるために腱板に大きなストレスがかかり腱板炎や腱板損傷が起きます。

4.アクセラレーション期


投げる方の肩が最大外旋から加速しボールをリリースするまでの段階です。
最大外旋の時(トップ)に肘が下がっていると肩の関節に“あそび”ができ、腕を振る時に肩関節にぶれが生じます。
肩関節にぶれがあるとインピンジメント症候群、関節唇損傷、腱板損傷などの障害が出ます。

5.フォロースルー期


ボールが手から離れて腕が振り下ろされるまでの段階です。
腕を振り下ろす時に肩が遠心性に引っ張られるので、関節包、腱板、二頭筋、三頭筋の付け根に大きな力がかかり、肩の下方不安定性、腱板損傷、上方関節唇損傷(スラップ病変)、ベネット骨棘形成などの障害が出ます。

ボールを投げる動作はコッキング期やアクセラレーション期に肩関節の前方に大きな力が加わるために、肩の前方に“ゆるみ”が生じることが多いです。肩にゆるみがある状態でボールを投げ続けると、しだいに肩関節の関節唇や腱板に障害をもたらすことが多いと考えられています。

 

今回はその中でもレイトコッキング期にフォーカスを当てて疼痛に対してどのようにアプローチするかを動画に収めました



<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●筋・骨の基礎知識

●三角筋理想のトレーニング方法

●肩関節のインピンジメント解消方法

●産後腰痛の改善方法

●股関節疼痛改善の考察とアプローチ

 

ー栄養ー

●骨粗しょう症への栄養指導

●マグネシウムについて

●セロトニンの分泌方法

●牛乳の真実

●ファスティングの科学

 

ーアスリートー

●つま先着地で歩行は可能か

●高齢者への運動指導方法

●あらゆる疼痛の改善

●骨盤を前傾する骨格矯正

●デッドリフトをバイオメカニクスで解説

 

ーセミナー&テキストー

●トレーニングについて極めるセミナー

●肩関節の疼痛改善セミナー

●アライメントチェック方法セミナー

●呼吸を極めるセミナー

●月経周期に合わせた減量セミナー

 

 



 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン