体幹と上肢と下肢のパフォーマンス向上で目指すべき関係性とは

バイオメカニクスを考える時に重要なのが、どの部分の運動を1つのかたまりとして見なすかです。

ヒトの身体全体を1つのかたまりとして考える場合、そのヒトの身体全体は「系」と見なされます。

また、ヒトの身体全体ではなく、太腿と膝下(大腿と下腿)を1つのかたまりとして見なす時は、その大腿と下腿を、1つの「系」と呼びます。

このように、運動をどのかたまり、すなわちどの系について考えるかが、バイオメカニクスで使用される「内力と外力」を理解する上で重要になってきます。


〈内力と外力〉


外から系に加わる力を「外力」系の内部で作用する力を「内力」と言います。

例えばヒトの身体全体を1つの系と見なすとき、重力や地面反力は外から系に加わる力なので「外力」です。

一方で、大腿骨と脛骨の間に作用している「関節反力」や、脛骨を引っ張っている大腿四頭筋の筋力などは、系の内部で作用する力なので「内力」に分類されます。



<その他のカテゴリー別人気記事はこちら>

ー解剖ー

●筋・骨の基礎知識

●三角筋理想のトレーニング方法

●肩関節のインピンジメント解消方法

●産後腰痛の改善方法

●股関節疼痛改善の考察とアプローチ

 

ー栄養ー

●骨粗しょう症への栄養指導

●マグネシウムについて

●セロトニンの分泌方法

●牛乳の真実

●ファスティングの科学

 

ーアスリートー

●つま先着地で歩行は可能か

●高齢者への運動指導方法

●あらゆる疼痛の改善

●骨盤を前傾する骨格矯正

●デッドリフトをバイオメカニクスで解説

 

ーセミナー&テキストー

●トレーニングについて極めるセミナー

●肩関節の疼痛改善セミナー

●アライメントチェック方法セミナー

●呼吸を極めるセミナー

●月経周期に合わせた減量セミナー

 

 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン